«前の日記(2003-02-13) 最新 次の日記(2003-02-15)» 編集
RSS

気が向いたときにだけ書く日記


2003-02-14 [長年日記]

_ 天気

晴れ

_ 確定申告

住宅取得特別控除を受けるため、今年は確定申告をせねばならない。というわけで年休をとって手続きをしに。

カミさんを会社に送った後、高の原にある市役所の出張所で住民票の写しを取る。確定申告の用紙が置いてあったので、とりあえずもらっていく。なんとなく頭がまだボケているので一旦帰宅。web で法務局の場所を再度確認し、確定申告に必要な書類を確認。ぐっぐってたらタックスアンサーなるページがあり、確定申告書作成コーナーなんてところから、カラープリンターで印刷すれば、そのまま提出できるものが作れるページがあった。

ちょこちょこっとやってみたら、土地と建物とそれぞれいくらなのか書かなくてはならなかったのだが、まとめていくらだったのでよぅわからん。やっぱりあかんわ…ということで、やっぱり還付申告相談所へ行こう。

法務局は高畑にある第2合同庁舎の中にある。駐車場の入り口で、どこに行ったのか、スタンプを押して、出るときに渡すようカードをもらう。法務局なんてのに来たのは初めて。確定申告シーズンなので、それ用に登記簿謄本をもらうための紙がわかりやすくなっていた。よくわからんまま、建物と土地と両方の分をget。一通1,000円なので、計2,000円。あっと言う間に終わった。

次は西大寺で行われている、還付申告相談所へ。駐車場がなさそうなので、奈良ファミリーを目指す… が、R369を平城宮跡方向へ曲がったところから渋滞してる…なかなかすごい渋滞。奈良ファ渋滞かもしれない…(>_<)

案の定奈良ファまで渋滞。奈良ファの駐車場も満車状態。南駐車場の奥の奥へ止めた。そこから会場までが遠い。距離的には近いのだが、踏み切りがないので遠回りせざるを得ない。

「相談所」っちゅうくらいだから、計算の仕方や書き方を教えてくれて、後は自分で書いて郵送する…のかと思ったのだがどうも違う雰囲気。1Fには提出コーナーもある…どういうこっちゃ…

案内の係の人に「相談ですか?」と聞かれ、「そうだんです」とも言えずに「はい」と答えると、「3Fへお願いします」と言われた。3Fへ行ったらまた「相談ですか?」と聞かれたのだが、やっぱり「そうだんです」とは言えず、「はい」と答えたら「こちらへどうぞ」と空いているテーブルに案内された。部屋のなかには税理士さんが数名、めちゃ混みというわけではなかった。

「必要な書類はそろってますか?」と聞かれ、「はい」と答えつつ書類を出す。『自分で書いて郵送する』と思い込んでいたので、売買契約書はコピーではなくほんまもんを持ってきていたら、「これはコピーを取ってください」と言われた。「ここにはないんですが、一番近いのは…」と近くのデイリィーヤマザキ(熊っ子ラーメン近く)を教えてくれた。むむむ…やっぱりここで全部終わらせるのか…

そそくさと会場を出てコピーを取って戻る。税理士が書類にいろいろ書き出した。電卓たたいて計算してる。例の『土地と建物それぞれいくら』は、なんか勝手に分配してる。と、途中で違う税理士登場。ちょうどお昼くらいだったので、交代の時間だったようだ。途中なのに交代しやがった。別にいいんだけど。こっちの人の方がなんか丁寧やな。私はただ黙ってみているだけ。たまに質問される。「あれ?独身ですか?」「いえ…」「あ、奥様も働いてらっしゃるのですか?」「そうです」…「あ、一戸建てですか?」「はい」…

「添付書類はホチキス留めしていいですか?」「はい、お願いします」…「では、これを持ってとなりのタッチパネルで入力してください。で、最後に住所を記入して提出してください。」「あ、はい、わかりました。ありがとうございます。」

すぐとなりにタッチパネルとプリンタが接続されたパソコンらしきものが数段並んでいた。係の女性が「源泉徴収票のこの部分を見て入力してください」「確認して、良ければ『確認』を押してください」…などなど説明してくれながら入力。普通の紙ではなく、確定申告の申請書をプリンタにいれて印刷。あっと言う間に完成。隣の部屋へ行き、住所、氏名を手書き、還付される税金の振込先を記入し、1Fの提出コーナーへ。控えをもらって提出。

以上で確定申告終了…13時過ぎ… あらま、ほとんどやってくれちゃうのね。相談所を利用するのって賢かったのかもね。といっても、来年からは確定申告しなくていいんだけど(^^;;

熊っ子ラーメンへ(^O^)やっぱり味噌ラーメン好きとしては、食べておかなくてはならんだろう…ということで、味噌バターコーン(^,^) 普通に美味しかった。


昨日: 今日: