«前の日(06-29) 最新 次の日(07-01)» 追記
RSS

気が向いたときにだけ書く日記


2003-06-30

_ KPO総会

今年も定期総会がやってきました。しかし、今年は例年以上に準備不足でした。ごめんなさい_(._.)_


もういい加減、団長を交代すべきだと思うのだが、なかなかうまくは行かない。後2年やったら10年。「切りがいいから」という理由ではなく、もう長すぎるから代わろうね。


明日は健康診断のため、本日21時からは絶食。さっさと帰って、たまっている「動物のお医者さん」を観た。


2004-06-30

_ 明日・明後日は

幕張に出張です。いつもの N+I ですが。

7/2は実家に帰ります。

_ [音楽鑑賞] パン屋さんお休み

  1. Pure Jam/Yellow Magic Orchestra(Technodelic)
  2. Neue Tanz/Yellow Magic Orchestra(Technodelic)
  3. Stairs/Yellow Magic Orchestra(Technodelic)
  4. Seoul Muisc/Yellow Magic Orchestra(Technodelic)
  5. Light in Darkness/Yellow Magic Orchestra(Technodelic)

パンを買いに行ったのに、臨時休業だった…汗だく。帰ってしばらくして、汗がひいてからTシャツを着替えた。

_ 宮城県

君の投票を待っているぞ!!(^◇^)ぐはっぐはっ
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_  [つかまえたw]


2005-06-30

_ [食事] 王将株主優待

今年もやって参りました、王将の日。某株主様のご招待で王将を満喫する日_(._.)_

カミさんは着付け教室を終えてそのままゆかたで登場(^^;;

ここしばらく食を細くしているので、そんなには食べられないだろうと思いつつ、パクパクパク… いつもの大食いが二人いないし、くまもそんなに食べなくなっているらしいし、Mゆちゃんも体調がまだまだ万全ではないので、2巡目に入ることも無く終了。今日まで有効の優待券の7割程度しか消化できず(^^;;

結局餃子のお土産までいただいた_(._.)_ ごちそうさまでした。


2006-06-30

_ [スキューバ] 石垣島2(体験ダイビング)

今日は体験ダイビング(^O^) お店はたくさんあって迷ったけど、なんとなく良さそうな感じがした海へにお願いしていたのだ。8:30 に宿へお迎えに来てくれたのは、とても元気な女性だった。かずみさん、車中でもいろいろお話をしてくれました。

今日は体験ダイビング5人とファンダイビング5人。o(^-^)pわくわく・ドキドキ(^^;;

港には社長のガジロウが待ってくれてた。いえ、もちろん、オーナーや藤野さんも(^^;;

港を出発し、最初のポイントは大崎。体験ダイビングな人達は説明を受けて、まずシュノーケリング。これがまず問題だ。あたしゃそもそも泳げんのだ。ウェットスーツを着てるから沈むことがないのはわかっているけど、鼻で呼吸が出来なくて、いつ水が入ってくるかわからないシュノーケルで…なにげない振りをして先に飛び込んだけど、最後の人が来るまでの時間が長く感じられたったらありゃしない。かずみさんが持ってる浮き輪(?)につかまってないといられないし、波はめちゃ大きく感じるし。もうたいへんなんすから(;_;)

バシャバシャと移動。水死体な感じで浮いてると楽なんだけど、立てない… 「立ち泳ぎするときは椅子に座るような感じねぇ」とかずみさんが言ってるけど、だいたい足が前に行かないんですけど(;_;) 中途半端なので波の影響大だし、めっちゃしょっぱいし(;_;)

一通り終えて(ほとんど記憶がない…) 船に上がる。15年前のサイパンでの体験ダイビングを思い出すに、こりゃ潜った方が遥かに楽だぞ… 休憩後いよいよ潜る時が来た。o(^-^)oわくわく 説明を受けて、最初の3人が潜ってる間にファンダイブに行っていたオーナーと藤野さんが帰ってきた。で、藤野さんが「じゃぁ行きましょう…」

いざボンベを背負ってレギュレータをくわえて水に入って…カミさんがパニクりかけてる、こらヤバいなぁ…と横目に見てたつもりが、待ってる間に…うぉぉ鼻から息を吸いたい、めっちゃ吸いたいどうしても吸いたい。こっちがパニックだった。これはやばい、絶対ヤバい。こんなことがもっと深いところで起きたら大変。皆に迷惑をかけそうだ、と思ったらさらにパニック。後でカミさんに聞いたところによると、パニクってる私を見てさらにパニックに陥ったらしい。ごめんなさい_(._.)_

15年くらい前にサイパンでやった体験ダイビングは、ビーチから歩いて行ったし、多分 3m くらいしかなかったのではないかと思う。そりゃパニックになりようがないわな(^^;;

なんだかんだでなんとか潜った。潜っちゃえばだいじょぶやん、なんやそれ…鼻で吸いたくなったら、吸う代わりに吐く。それで気が楽になった。

シュノーケリングのときからだけど、魚が寄ってくる。なんでこんなにたくさんいるんだろう。逃げもしない。浮力の調整が出来なくて、浮きたいのに沈むし、沈みたいのに浮いてしまう。珊瑚に掴まって…ちょっと破壊してる…ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。

珊瑚や魚の説明をしてもらいながら移動…してる気になってたけど、実はほとんど動いてないのね(^^;; ダイバーでも滅多に見られない魚、なんてのは本当なのだろうか? 喜ばせようとしてないか? などと疑いを持ちつつ(ヾ(^.^ )ぉぃぉぃ)終了。水深は7mくらい。

船に上がったら、前の3人が2本目潜るという。待ってる間にオーナーさん達が帰ってきて、お昼ご飯。豚カルビ丼を食べた。ガジロウが食べたそうにくるのだが、辛いのかけちゃったし、犬にはよろしくなさそうな味の濃さ。ごめんね、ごめんね_(._.)_

もう一本潜るか、シュノーケリングするか、休んでるか選択の時。私は最初から潜るつもりでいて、カミさんはだめだろうと思っていたのだが何と潜るという。かずみさん、一瞬息が止まった気がする(^^;; ごめんなさい、ごめんなさい_(._.)_

ポイント移動。よくわかってないけど、どうやらアカククリの広場という所らしきところ。先ほどのところより深そうよ…

今度は大丈夫だろう…と思ったのに、海面にいると揺さぶられたり中途半端な状態のせいか、だんだん恐くなってくる。鼻から吸いたいパニック再来。潜っちゃえば大丈夫なことはわかっているのに…

一本目よりは時間かからず潜り始めた。一本目とは珊瑚の様子も違うし、魚の種類も違うみたい。今回はそんなに移動はせず、集中して観察。クイズなんぞをはさみつつ。ウミウシはわかったよん。

今回は体験ダイビングでは限界の 12m だそうだ。確かに深かった。でもすぐそこはもっと深くなってる。放っておいたら沈まないのだろうか、確認しておけば良かったと後悔しつつ、カミさんと手をつながせられ、かずみさんに後ろから押してもらいつつ宇宙遊泳気分で二本目も終了。潜っちゃえば楽しいのに、あの最初のパニックは何なんだ(>_<)

船に上がったら、体験ダイビングチームはシュノーケリングに行くという。シュノーケル苦手(>_<) でもみんな行くみたいだし、せっかくだから再挑戦。あれ?ずいぶん楽になってる。相変わらず立てないけど(後日起き上がり方が悪かったことが判明…というか、かずみさんを見てたら一度仰向けになってから起きてるのを見て、それは恐い{{(>_<)}} と思ったのだが、やはりそれが正しいやり方だったか)

へろへろ泳いだり流されたりできた。ま、それでもやっぱり潜っちゃえば水を飲むこともないからやっぱり楽よね…

夏恋II

というわけで終了。満喫しました。パニックも起こしたけど、楽しかったです。かずみさん、藤野さん、ご迷惑をおかけしました。おかげさまで南の海を堪能できました(^O^)_(._.)_ また来ちゃおう。

_ [食事] まぐろ専門居酒屋 ひとし

宿への帰り道、かずみさんに聞いた美味しいお店。(カミさんの調べには入ってたらしいけど(^^;;) を予約。美味しいところはどこも予約した方が良いところばかりらしい。

今日は車で。せっかくレンタカーを借りてるのに、全然使わないのはもったいないし、タクシー代かかっちゃうし(^^;;

  • まぐろ寿司(大トロ、トロ、鉄火巻き)
  • 石垣牛のにぎり
  • ミーバイのお造り
  • 島豆腐の唐揚げ
  • まぐろ餃子
  • 海ぶどう
石垣牛のにぎり島豆腐の唐揚げ

くらいだったか?(^^;;

_ 三線

宿で三線教室を受けられるというので予約していた。生徒は3人だった(^^;; 1時間で「花」を弾けるようにするという。

三線の持ち方、工工四(クンクンシー 譜面だ)の読み方を習い、ひたすらさらう(^^;; 何となく歌いながら弾けるところまでできた。なかなか優秀だったようだ…ってこれくらいできないといかんよね。普段から楽器やってる人間としては(^^;;

工工四

最後に先生に石垣島の民謡と「島唄」を演奏してもらった。いいなぁ…

先生はそもそも内地の人っちゅうか関西人。東京でサラリーマンしてたこともあるらしいけど、ずっと三線をやっててついにプロになってしまったらしい。楽しくてしょうがないと言っていた。この先生に限らず、石垣島で頑張ってる人の多くは内地の人が多いみたいだ。


2007-06-30 石垣島4

_ [スキューバ] 初めてのファンダイブ

初めての「ファン」ダイブだというのに、あまり「ファン」ではなかった…呼吸が下手なんだ…近づきたくないと思ったところに近づいていく。沈みたくないと思うと沈む。中性浮力が取れないっていうか、呼吸が楽器の演奏みたいになっているような気がする。ガバッと吸って、ずーーーーーーっと吐く。ガバッと吸って、ずーーーーーーーっと吐く。何か違う。泡の出方が違う。目一杯吸わないと欲求不満になってストレスになって、さらに呼吸が激しくなる。悪循環しまくり。

本日のポイント

  • 竹富島海底温泉
    • IN: 10:07 - OUT: 10:50
    • タンク圧: 180 - 50
    • 深度: 19.1m
    • 水温: 30℃
    • 透明度: 10m
  • 浜島東Part II
    • IN: 12:12 - OUT: 13:03
    • タンク圧: 190 - 100
    • 深度: 6.7m
    • 水温: 30℃
    • 透明度: 20m
  • 小浜島オランダ口
    • IN: 14:50 - OUT: 15:31
    • タンク圧: 180 - 40
    • 深度: 16.3m
    • 水温: 29℃
    • 透明度: 20m

ミナミアカエソ:肉食! クマノミ 水槽ではない

コイボウミウシ ダテハゼ: テッポウエビは撮れず ハナミノカサゴ ネッタイミノカサゴ

今回は本物の海底温泉まで行けた。しかし体が安定せずバランスを崩し、手をつこうと思ったところに底がなく、暴れたら砂泥がおもいっきり舞い上がった…チエちゃん(いや、師匠だ)もカミさんも見えなくなった。焦った。温泉の泡ではない、呼吸の泡が見えたのでそっちへよろよろと近づいたらいた…あーびっくりした(>_<)

浜島東Part II ここはいいねぇ…自分の精神状態が全然違う。余裕があると体に力が入らないせいか、沈んじゃったりもしないし。ダテハゼとテッポウエビが共生している手前に着底して、ずりずりとにじり寄って写真を撮る…なんてこともできる。他のところでもせめてこれくらいできたらなぁ(;_;)

初めての小浜島オランダ口。初めてなのは私だけではない。師匠も初めてなんだそうだ(^^;; ずっとマスクが緩いような気がしていて、ここに入る前にちょっときつめにしたのが運のつき。エントリーした途端、あの「鼻で呼吸したい」という気持ちが爆発的にふくれあがってきた。今回ずっとそういう状態にならなかったのは、もしかしてマスクが緩めだったから? こうなるとやばい。アンカーロープにつかまって落ち着こうとするのだが、そもそも水面にいる方がしんどいのだ。潜ってしまった方が楽になれることは頭では理解しているけど、理解していればできるというものではない。師匠にマスクをちょっと緩めてもらったら治まった。

だがしかし、時既に遅し。呼吸が荒い状態で潜行。なんだここは?谷のようになっていて、下の方には珊瑚がいっぱい。これは浮いていなくちゃいけない、あそこに近づいてはいけない。と思ったからどんどん沈む。耳抜きは問題なかったからよかったけど、行きたくないところへは近づく。BC に空気を入れてしばらくすると浮上してしまいそうになる。典型的なへたくそ初心者ダイバーだ。

谷を進んでいく。余裕があれば楽しい地形のポイントだと頭では理解できる。理解はできるけど、余裕がないから楽しくない。師匠が何かを見つけて二人を呼ぶ。ちょっと上、そのちょっと上に上がることも難しいのはなんでだ… やっとの思いで近づくと、あの触ってはいけない魚がいるではないか。ネッタイミノカサゴ。触ってはいけないと思うと近づいていく身体。心と体は一つじゃないのよ(*^_^*)ヾ(^.^ )ぉぃぉぃ

やっと岩にたどり着いて体が安定したと思ったら今度はあいつがどこにいるかわからなくなった。ここで下手に動いて触ったらやばいと思ったら焦った。焦ってたらカミさんが指を指した。いた…じりじりと手を伸ばして写真を撮った。

その後もほとんどそんな調子で空気の使用量もめっちゃ多かったに違いない。ゆっくり船の方向へ戻る。潜行ロープが見えた。ちょっとホッとした…けどなかなか近づかない。フィンキックもへたくそ。疲れてきてるのもあるけどへたくそ。ジタバタしつつ、何とか潜行ロープをつかみ3分間の安全停止。長い…周りをゆっくり見る余裕なし。なんちゃらイカの子供の群れが上の方を泳いでいた。イカには見えなかった。

今回最後のダイビングがこれかよー。かなしぃ(;_;)

師匠

_ [食事] 森の賢者

今回も来ちゃいました。お気に入りの森の賢者

ゆし豆腐 島豆腐とスーナとカーナのサラダ 島素材の天ぷら

マコモダケ 刺身盛り合わせ

本日のメニュー

  • ゆし豆腐
  • 石垣牛の新鮮レバ刺
  • マコモダケの素焼き 長命草のディップで
  • 海ブドウ
  • 島豆腐とスーナとカーナのサラダ
  • 刺身盛り合わせ/まぐろ、カジキ、セイイカ、イラブチャー、まぐろの腹ボー
  • 島素材の天ぷら/四角豆、オオタニワタリ、アダンの新芽、島カボチャ、ヒバーツ、紅芋、ゴーヤー、アーサー
島素材の天ぷらは何度食べても美味しいねぇ(^,^) ゴーヤーはワタが入ったまま揚げてるので苦いんだけど好き(*^_^*)

2010-06-30 阿嘉島201006-1

_ 出発

2週間前には石垣島・西表島で潜っていたというのに、もう行くのかぃ!(^^;;

ゴールデンウィークに行った時、宿の空きがあったことから決まった今回の阿嘉島行き。遊び過ぎだぁ…

ANA1739関空19:30発ANA1739で那覇入り

何となく面倒だったので宿へはタクシーで。途中、沖縄セルラースタジアム那覇の照明が煌煌と点いていた。どうやら35年ぶりの沖縄でのプロ野球公式戦、ベイスターズvs.スワローズが行われていたようだ。キャンプはたくさんやってるけど、公式戦はやってなかったのか…

宿はいつもと一緒のラッソ那覇泊港。港から近いし、安いし。

_ [食事] まーちぬ家

関空で軽く食事はしたけど、やっぱりちょっと行きたいというので前回(まだ日記を書いていない…今回分を書いた後で頑張る)と同じまーちぬ家へ。もう22時過ぎてるから軽くね(^^;;

  • どぅる天
  • ミミガーの味噌炒め
  • 豆腐餻
  • もう少し食べたはずだけど…忘れた(>_<)
どぅる天、メニュー上は3つだけど2つにしてくれたり、量は人数に合わせて調整してくれる(^_^)

オリオンの生1杯、島酒(何飲んだっけ?)を1合ほどで終了。最後にパイナップルのサービス(^_^)


昨日: 今日: