«前の日記(2005-09-15) 最新 次の日記(2005-09-17)» 編集
RSS

気が向いたときにだけ書く日記


2005-09-16 [長年日記]

_ 夏休み2

今回は、本当にぎりぎりまで何も決めずに(決められずに?)行動していたが、結局乗鞍岳に登ることにした。マイカー規制されてから初めてだ。

観光センターの駐車場にえむ君を停めて、観光センターの食堂でおにぎり(野沢菜,梅)を買って,お茶を買って、10時発のシャトルバスに乗り込んだ。畳平まで50分。

とりあえず,コロナ観測所方向へ向かおう…ということで…花畑を通過した後の登りが実はきつくて嫌い(^^;; 登った後はだらだらとした道なので良いのだが…

コロナ観測所へ登る入り口を通り,そのまま肩ノ小屋へ。ま、とりあえず、剣ケ峰に登ろう、しんどくなったらやめよう…

2001年に初めて来たときに、何もわからず,何も考えずに登ったのに比べると、かなり楽だったような気がしないでも無い。ま、あの時は天気も良くなかったからなのだが。

畳平から90分ということになっているが、今回は70分くらいで登れたのではないだろうか。下界が見えることはあっても、残念ながら山々が見える状態ではなかったが、連休前の平日だったこともあってか、人も少なく、頂上でゆっくりおにぎりを食べることが出来た。登ってくるときにかいた汗が冷えてちょっと寒かったけど,大きなおにぎりで幸せになった。

何組かのカメラマンをして(^^;; ほげっとして満足したので下山。帰りはカミさんの調子が良いぞ。あたしゃ、すでに膝がしんどくなってる(^^;;

畳平14:10のシャトルバスに乗る。観光センター着は15時過ぎ。一度ペンションに帰って、タオルを持って、湯けむり館へ。初めて来た。スキーシーズンには、芋を洗うような状態らしいが、日程的にも時間的にも良い感じでゆったりできた(^O^) 4年前のあの白骨温泉から、温泉や露天風呂に入る気がなくなっていたのだが、これくらい余裕だったら大丈夫かも。

今晩は晩飯が無いので、りょういちさんに教えてもらった松本の野麦路へ。馬刺とイワナの塩焼きと蕎麦。とうじ蕎麦が名物らしいんだけど,寒いときに食べたいと思ってざるそばにした。

宿に戻ったら、もっと遅くなるはずだったオーナー夫妻が帰ってた(^_^)風呂入って食堂へ。生ビールを飲みつつ、りえママとおしゃべり。そのうち、りょういちさんも来てくれた。今回も「たなばた無濾過」を持っていった…というか、持っていけるのがそれくらいしか無かったからだけど(^^;; そんなのを飲みながら4人でおしゃべり。楽しかった(^O^)明日は満室だけど、アルバイトのスタッフもいないらしい。もえちゃんが手伝うらしいけど、かなり大変そう。よっしゃ、ちょっと手伝っちゃおうかな?(^_^)


昨日: 今日: